2021-10

会津戊辰戦争(弐-三)

松平容保会津鶴ヶ城へ帰国する

松平容保が万延元年(1860年)に江戸に出府してから「八年ぶり」の帰国であった。江戸から会津若松までおよそ六十五里(約260㎞)であるという。随行する「先備(さきぞなえ)隊」(頭=千葉権助)約十七名が容保と共に会津へ向かい六日間で到着したのである。
2021.11.03
会津戊辰戦争(弐-一)

江戸残留の会津藩士と新撰組動向

会津藩士の江戸潜伏者は旧幕軍に加入する者、上野彰義隊に加入する者など結構な人数が江戸の情勢を見守っていたと思われる。また、甲州柏尾の戦いに参加した「田中左内」ら一隊は、結城にて結城藩主を擁護して帰藩途中、彰義隊と共に戦いをしている。
2022.12.08
タイトルとURLをコピーしました